TOP PAGE

  協会の概要

  これまでの活動

  イオン測定

  放射線量測定

  イオン認定

  イオンQ&A

  入会案内

  会員・リンク

  テキスト販売








     
入会案内
  
日本機能性イオン協会では イオン測定(および認定)から得られた技術情報 を公開しています。
測定依頼者の製品に対する思惑と測定結果が異なっていた場合の要因と問題点を考察し、記述したものを順不同にまとめています。
宜しければ今後のイオン商品開発にお役立てください。

   イオン測定(および認定)から得られた技術情報 
【目次
     §1. 当協会で扱うイオンについて
     §2. 電離放射性物質を混入したにもかかわらず、イオン発生の無いものについて
     §3. イオンの消失について
     §4. 空気イオンの測定方法について
     §5. 当協会の測定と自社の測定を比較されてお話しされる方に、自社測定する時のご参考のために
     §6. 微量のイオン発生の確認と認定範囲について
     §7. 当協会の測定が正しく行われている根拠(理由と原理)
     §8. オゾンについて
     §9. ミスト(霧状のもの)のイオンについて、測定可能かどうか
     §10. 空気イオンの発生量の測定について(空気イオン密度の測定との違い)
     §11. 空気中イオン密度の測定概略
     §12. 空気中イオン密度の測定限界と算出方法
     §13. 被検査物のイオン発生要素と構成材料のミスマッチについて
     §14. 製品を加熱しながらのイオン密度測定について
     §15. イオン発生器(装置)を検討されている方々へ

         下記のPDFアイコンよりダウンロードすることができます。-2012年6月作成-
              公開技術情報(A4・11枚)

       ※尚、本内容についての著作権は当協会に帰属します。
         営利目的での転載・複製・引用・販売・貸与・公衆送信・翻訳等に利用することはお断り願います。

             Copyright(C) 2006 NIHON KINOUSEI ION KYOUKAI. All Rights Reserved